外壁・屋根塗装|ひび割れはシーリング剤で塞ぐのではなく外壁塗装で処理

【無料の企業PR広告】
【無料の企業PR広告】
■該当件数1件 | 1 |
TOP > 外壁・屋根塗装 > フジテック株式会社

ひび割れはシーリング剤で塞ぐのではなく外壁塗装で処理


街の住宅を見ていると、外壁に入ったひび割れを、シーリング剤で塞いでいるのをよく見かけます。ひび割れが入り、そこから雨水が侵入する事で住宅の柱や梁を腐食させたり、シロアリの発生原因となる等を理解して、自分でシーリング剤でメンテされているのでしょう。この対策も、ひび割れの開口部の中までシーリング剤を上手く詰め込めれば、それなりの効果があります。しかし、多くの場合はひび割れ部を含めて一定の幅で塗布されている事が多く、この状態では開口部の中にはシーリング剤はほとんど埋まっておらず、経時変化で帯状のシーリング全体が浮き上がり、雨水を防ぐ効果が全くなくなっているケースが多いのです。ひび割れや塗膜の劣化が課題であることを認識されているなら、やはり費用は掛かりますが外壁塗装するのがベストと言えます。横浜にお住まいの方で外装塗装に関して検討中の方は、ぜひ相談してみてはいかがでしょうか。